読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その弾丸のような拳で

ハッサム大好きなポケモントレーナーによるポケモンブログです

対メガボーマンダ軸

この記事を開いていただきありがとうございます。シノもすと申します。

この記事では「メガハッサム+ステロ」の立ち回りや構築についての考察を仮想敵別に記事にしていくという試みの第一弾となります。
もともとは複数の仮想敵の考察をひとつにまとめた記事をあげようと考えていたのですが、新しく考察した際にその記事に追加して書くのも面倒ですし、カテゴリで管理すれば新しく記事を書いてそのカテゴリに追加するだけですむので楽かなと考えてそのようにしました。

自分もまだまだ勉強中ですので、意見などがあれば是非是非コメントください。


今回の仮想敵はタイトルにもあるようにメガボーマンダです。
600属メガ進化だけあって能力値も高く、進化前の威嚇という強特性、技範囲の広さもあるという強さの塊のようなやつですね。

今回の構成としては

1、立ち回り考察
2、ステロ要因と3枠目の考察
3、雑記

となります。いつも通り、必要なところだけ各個人でパパッと読んでいただければと思います。

ではさっそく始めていきます。

続きを読む

SMシーズン2「ハッサムカイリュー、ゲッコウガ添え」最高2069/最終1982

この記事を開いていただきありがとうございます。シノもすといいます。

今回はSMシーズン2で最高2069/最終1982を達成した構築の記事になります。構成は

1、パーティ紹介
2、個別解説
3、主な選出
4、想定した立ち回り
5、反省点
6、雑記

となります。必要なところだけパパッと見ていただければと思います。
早速始めていきましょう。



1、パーティ紹介

f:id:shinomosu:20170321211051p:plain

ORASシーズン17のパーティからほぼ変わってないのですがこの面子になります。
構築のスタートはハッサムカイリューの並びです。Z技の登場によりサイクルを回すのが難しいと言われていたということと、パーティで補完できない部分を無理やり勝ちに行くため、積みサイクルという強い勝ち筋として採用しました。
そこに起点作りとして高い性能をもちつつカバルドンと異なりカイリューと共存しやすいラグラージ、カプ・コケコやテッカグヤカプ・レヒレなどに有利をとりつつサイクルを回せる電気枠としてサンダース、ガルーラなどの物理や鋼に対して強く立ち回れるウインディという順番で採用していきました。
ゲッコウガはここまでで難しい立ち回りを強要されるカバリザやバシャテテフの並びに有利をとる枠として一番最後に入ってきました。

続きを読む

メガハッサムと被ダメージ

この記事を開いていただきありがとうございます。シノもすと言います。

今回の記事はメガハッサムの耐久に関する基礎的な要素に対する考察記事となります。

主に初心者や中級者向けの記事となります。

細かい数値を追っていくにもかかわらず、書き手は頭がよくないという欠点がありますので、誤った情報が書き記されている可能性もあります。できうる限り減らしたいと考えていますが、どうしてもおかしい部分が出てくると思います。

申し訳ないのですが、この点についてご了承の上でお読みいただければと思います。

今回の構成は

1、メガハッサムと基礎的な調整
2、その他の調整案
3、雑記

となります。1が初心者や中級者向けの記事で、2はメガハッサムの調整をぽつぽつあげてるだけですね。
必要な部分だけ個人個人でお読みください。


それでは始めていきます。

続きを読む

SMシーズン1「ハッサムカイリュー」最高1970/最終1906

この記事を開いていただきありがとうございます。シノもすと言います。
今回はSMシーズン1において利用した「ハッサムカイリュー」構築の記事になります。

前もっていっておきますが、今回の構築は他の記事のものと異なりレート2000を達成しておりません。他の方がどうかわかりませんが、自分は自信を持って紹介できる最低ラインが2000だと考えているので、今回は並びと調整のみ述べた簡潔な記事にします。ご了承のほど、よろしくお願いします。


今回の構成は

1、パーティ紹介
2、個別解説
3、雑記

となります。
いつもであれば選出や反省点を書いていくのですが、今回はカットします。もしかしたら後々追加するかも知れませんが。

では早速始めていきます。




1、パーティ紹介
f:id:shinomosu:20170117210720p:plain
マンムーのステロ+ハッサムによるサイクル戦やサンダース+ハッサムによるとんぼルチェンにより有利をとっていく構築。疲弊した相手を剣舞バレットでぶち抜くか上から殴って勝つという試合運びが重要になってくるパーティだった。
ハッサムカイリューと銘打ってますが、実際にはカイリュールカリオ入り以外には基本だしてないので、ハッサムカイリュー(大嘘)になりますね。
選出はかなり当てていくことが出来ましたので、偽装としては機能してたと思います。

続きを読む

第七世代シーズン1におけるメガハッサム

この記事を開いていただきありがとうございます。シノもすと申します。


今回の記事は現在の第七世代シーズン1のレーティングバトルのシングルにおけるメガハッサムの役割や環境考察について私見を語っていく記事となります。

いわゆる強者によるガチ考察とは違いますので、過度な期待はせず、見てやるかぐらいの軽い気持ちで見ていっていただければと思います。


構成としましては

1、現環境のメガハッサムの技構成
2、メガハッサムの調整考察
3、現環境の立ち回り考察
4、結論
5、雑記

となります。いつもの通り、必要な部分だけささっと見ていただければと思います。

では始めていきましょう。

続きを読む

「メガハッサム+物理受け」の考察

この記事を開いていただき、ありがとうございます。シノもすと申します。

今回の記事ではメガハッサム軸でサイクル主体のパーティを組むにあたって、相方となる物理受けについての考察記事となります。自分の考えをまとめるための記事でもあるので、雑な記事になってしまうかもしれませんがご容赦下さい。


構成としましては

1、メガハッサムの現在
2、物理受け考察
おまけ、その他物理受け考察
3、雑記

を想定しております。
ここでの考察のほとんどが自分の視点からの語りになりますので、他の方と意見が異なる可能性が高いです。
さらにいいますと、自分はメガハッサム単騎勢なので、かなり無理矢理選出していきます。その点からもかなりのズレがあると思われます。

あらかじめ承知の上でお読みください。
それでは始めていきます。

続きを読む

シーズン18「ハッサムカイリュー」最高/最終2001

この記事を開いてくださり、ありがとうございます。シノもすといいます。

今回はシーズン17終了以降のレートが解禁されていた期間(以後シーズン18)において2000達成した「ハッサムカイリュー」についての構築記事となります。
シーズン17の際の構築と2体異なる程度のものですので、前回と同じ部分は短めにしつつ、主に変更点を重視して語っていきたいと思います。

構成は、

1、パーティ紹介
2、個別解説
3、主な選出
4、反省点
5、雑記

となります。各個人で必要なところだけパパっと見ていただければと思います。




1、パーティ紹介
f:id:shinomosu:20161101161419p:plain
シーズン17でも利用した「ハッサムカイリューラグラージウインディ」の並びに、ジュカインアマルルガを組み込んだものとなります。
ハッサムウインディによるサイクル主体の並びとハッサムカイリューによる積サイクルを組み合わせたものになります。
ハッサムカイリューでは対処の難しい対面構築に関してはハッサムウインディによるサイクル戦で、ハッサムウインディでは対処できない並びにはラグハッサムカイリューの積サイクルの並びで選出しました。
またウインディハッサムカイリューの選出で序盤はサイクル戦で負担をかけ、後半は積サイクルを仕掛けるといった柔軟な選出力も魅力の一つでした。


f:id:shinomosu:20161101161612p:plain
そして、こちらがシーズン17で利用した構築なのですが、ムウマージは受けル対策を、サンダースはボルトスイクンゲンガーゲッコあたりに強い眼鏡高速アタッカーとして採用しておりました。
しかし、シーズン18において「受けルとマッチングしない」ということがあったため、この2体をパーティの課題であったサンダーや「スイクン+地面」の並び、カバルカイリューなどのカバを起点要因とした積サイクルに対する強い駒であるジュカインアマルルガに変更しました。

シーズン17の構築については

http://shinomosu.hatenablog.com/entry/2016/09/13/132239

こちらになります。興味があれば見ていただけると嬉しいです。

続きを読む